logo

ED治療薬の種類をご紹介

簡単にED治療薬の種類を見ていく



いろんな種類の勃起不全治療薬が市販されている。 現在発売されている薬はバイアグラ、シアリス、レビトラ、バイアグラのジェネリック、シアリスのジェネリック、レビトラのジェネリックなどだ。これらのED治療薬はそれぞれの効能が少しずつ違うが、代替的に高いED治療の成功率を見せている。



バイアグラ



米国の製薬会社ファイザーが1998年度に発売を開始した史上初の食べる勃起不全治療薬だ。 元々狭心症治療薬として開発されたが、臨床実験で、男性の勃起に優れた効果が立証されて、勃起不全治療薬の認可を得た。 主な成分なシルデナフィルは男性が性的に興奮した時に生成されるサイクリックGMPという化学物質の分泌を体内でサポートする。 この過程で勃起を阻害する物質PDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)を分解する。 購入はED患者を専門に治療する泌尿器科クリニックや診療所で専門医から、処方箋を受けて購入すればよい。 海外医薬品を専門に販売するサイトで薬通販形式で購入する方法もある。 このように購入する場合を医薬品の個人輸入だと言う。

参考:バイアグラ錠50mgの案内

バイアグラのジェネリック



成分シルデナフィルは代表的にバイアグラやレビトラなどの商品名で販売されているPDE5阻害薬種類の薬剤だ。 シルデナフィルはバイアグラのジェネリック成分として男性の陰茎を勃起させる。 優秀な発起力によって勃起不全治療薬に販売されている。 特にシルデナフィルは高齢者の勃起不全(ED)に苦労する男性の方で多く購入が発生している。

バイアグラの主成分クエン酸シルデナフィルを主成分に製造したすべての薬をバイアグラのジェネリックとしている。 製薬会社によっては製品名をつけたりもする。 代表的なものに東和薬品株式会のOD錠がある。 以外にも日本では厚生労働省から承認を受けた多くバイアグラジェネリックがある。詳細はこちら

参考:シルデナフィルの開発史

[関連情報]
詳細を見る
*ED治療薬に関するサイトで販売情報、製品説明、コラムを提供しています。



レビトラ



アスピリンの開発で有名なバイエル製薬会社が製造したレビトラはED治療薬としてバイアグラの次に発売された薬だ。 日本ではバイアグラの販売許可1年後に厚生労働省に承認申請をした。 2004年に承認された。同年に成分バルデナフィル10mgが含まれているレビトラの発売開始された。 2007年には成分バルデナフィル20mgが含まれているレビトラも市販された。

他のED治療薬は食事やアルコールの影響を非常に受けやすい短所がある。レビトラは食事やアルコールの影響を受けにくい薬だ。 また、服用するやいなや、効果がある即効性の薬だ。

泌尿器科医の一部では、この薬に早漏を改善する効果もあると主張する。 このような理由でED患者に人気がある。 レビトラ20 mgの効果の強度はバイアグラ50 mgに該当する。

購入はED治療をする診療所で専門医から処方を受けて薬局または病院で購入すればよい。 総じて楽な方法は、海外の薬を専門に通販するサイトで薬の個人輸入をそのサイトに代行の依頼をする形で購入する方法がある。 厚生労働省において個人で輸入を承認する海外の医薬品を通販で購入することができる。

参考:勃起不全治療薬



レビトラのジェネリック



成分バルデナフィルが主な成分で含まれた薬をレビトラのジェネリック。 この薬はレビトラと効果、服用法、副作用が同じPDE5抑制薬系の勃起不全(ED)を治療する薬だ。 男性の性器を勃起させる。 現在、レビトラは製造会社バイエル薬品の特許の特許有効期間が残っていることために日本では未承認状態だ。 海外の特許法、物質特許、用途特許などは国ごとに異なるため、一部の国ではレビトラのジェネリックが販売されている。 レビトラのジェネリックを購入するには、インターネット通販サイトで薬の個人輸入代行通販形式で購入すればよい。 海外から1~2ヵ月分の薬を購入して使用できる。

参考:商品詳細情報



シアリス



イーライリリー株式会社で2002年に発売を開始したED治療薬だ。 日本では2007年に日本イーライリリー株式会社で厚生労働省から承認を受けて製造している。 発売は日本新薬株式会社がやっている。 現在、シアリスのジェネリック成分タダラフィルの含有量5mg、10mg、20mgが含まれた製品が市販されている。

発売以来、世界120カ国以上で2,000万人以上の患者が服用している。 2013年以降、全世界PDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)阻害薬の中で最も多い42%のシェアを誇っている。

ED治療薬バイアグラ、レビトラよりも最も長い36時間の効果時間が特徴だ。 食事の影響も受けない。 週末に服用してもいいという意味で"週末ピル"というニックネームを持っている。

現在、シアリスは保険が適用されない。 クリニックや医療機関訪問の際、診察料や処方料を支払わなければならない。

インターネットで購入を希望する方は安全で安心できる通販サイトを選定して薬を海外から送らればいい。 海外からの購入は別途の処方箋は必要ない。詳細はこちら

参考:ネット販売の約6割は偽造ED治療医薬品