logo

バイアグラのED治療効果と服用について徹底分析

バイアグラの基本的な服用方法

基本的な服用方法

個人差はありますがバイアグラは、基本的に性行為の約30分から60分前に服用することが一番良いとされています。効果が見られるまでの時間には個人差があるので、最初のうちは調整する必要があるかもしれません。初めて使用する方、高齢者の方は25mgの薬剤から服用を始め、効果があまりなかった場合には50mgを使用してみるのが良いでしょう。

ピークに達するのは服用から3時間後ころとされ、最大で6時間ほど効果が続き、何回も性行為を可能にします。勃起は、バイアグラを服用し、性的な刺激があった時のみに起こります。

空腹時に服用すれば、即効性が高いとされています。バイアグラとアルコールを併用すると効果が薄れてしまうことがあるので、注意が必要です。バイアグラは水分によって胃の中で溶けるようになっていますので、水で飲むのが基本的な飲み方です。なるべく水で服用するようにして下さい。もし水がない場合には、他の飲み物でも問題はありませんが、牛乳などは薬の成分の吸収を妨げる場合があるので止めましょう。どうしても食事をしてからバイアグラを服用しなければいけない場合、なるべく脂の多い食事は避けるようにして、食事の量も控えめにするように心掛けて下さい。そして食事から2時間ほど時間が経ったところでバイアグラを服用するようにして下さい。そうすると効果軽減が避けられるはずです。

服用は1日一回で、毎日続けては服用しないように注意して下さい。バイアグラの効果を最大に引き出すための服用ポイントは下記を閲覧してください。


バイアグラの効果のメカニズムとは?

メカニズム

バイアグラは勃起不全、勃起障害、略してEDとよばれる症状の治療薬です。アメリカにあるファイザー製薬社が開発しました。そして1998年に発売が開始されました。バイアグラは元々は狭心症の薬として開発されていたのですが、狭心症には効果が出ずに、その研究途中で勃起を改善する効果があることが発見されたという面白いエピソードを持つ薬です。その後開発が進められて、FDAから承認を受けるまでになったのです。ちなみにバイアグラというのは商標名で、正式な名前をシルデナフィルと言います。

男性が勃起をする時は、脳が性的な刺激を感じて、ペニスの中で血管を拡張する作用のある物質が増え、海綿体に血液が充満することで起こります。性的な刺激が無くなってしまうと、血管を拡張する作用のある物質を分解する酵素PDE5が分泌されます。そして海綿体の中の血流が元の状態に戻ることによって、普段の状態に戻るのです。バイアグラは、この酵素PDE5の作用を抑えることによって、勃起した状態を持続させてくれる訳です。

バイアグラ適正用量は?

適正用量

日本で販売されているバイアグラは25mgと50mgの2種類です。海外では100mgのものもありますが、日本人の体型で100mgを服用すると副作用が強く出る可能性がありますので、注意が必要です。

初めてバイアグラを服用する場合、たいていのケースでは50歳未満の患者さんは25mgからの服用で十分だと思います。まず25mgから始めてみて、思うような効果が感じされない場合は、医師と相談し、50mgに増量するのがよいでしょう。

バイアグラの服用量は1日一回、50mgまでです。必ず用量を守って使用して下さい。

飲酒中にバイアグラを服用してもいいか?

飲酒中にバイアグラを服用

バイアグラの効果を最大に引き出すためには幾つかのポイントがあります。

バイアグラは水分によって胃の中で溶けるようになっていますので、水で飲むのが基本的な飲み方ですから、なるべく水で服用するようにして下さい。もし水が手元にない場合には、他の飲み物でも問題はありませんが、牛乳などの乳製品は、薬の成分の吸収を妨げる場合があるので飲むのを止めましょう。

ただ、バイアグラとアルコールを併用すると効果が薄れてしまうことがあるので、注意が必要です。お酒を飲む場合は、飲み過ぎに気をつけましょう。適度なアルコールは、リラックス効果があるのでバイアグラの効果をより高めてくれますが、飲み過ぎると逆効果になってしまいます。バイアグラを服用して性行為に臨む場合はお酒を飲み過ぎることの無いように注意して下さい。


飲酒中の服用とその效果の体験

飲酒中の服用とその效果の体験

「人見知りの場合、勃起不全の男性が女性と初めて夜を共にするデートはとても緊張するシチュエーションです。そんな時、程よいお酒を飲むことはバイアグラとの相乗効果で、パートナーとの夜の営みを助けてくれます。バイアグラは本当に心強い味方です。」

しかし飲みすぎた状態でバイアグラを飲むと、かえって逆効果になってしまうと言われていますので、注意が必要です。お酒は程よく飲むのが重要なのです。

「普段からバイアグラを使っているのですが、ある日ベロベロに酔っ払ってしまい、そのままバイアグラを飲んでしまいました。最初は興奮してむくむくと勃起したのですが、飲み過ぎていたため、興奮状態が続かずに、寝てしまったという大失態を犯してしまいました。」

お酒の強さは個人差があるので、自分のアルコールの強さと相談しながら服用するようにするのをおすすめします。

バイアグラの効果を最大に引き出すためのポイント

効果を最大に引き出すためのポイント

バイアグラの効果を最大に引き出すためには幾つかのポイントがあります。

先ず空腹時に服用すれば、即効性が高いとされています。どうしても食事をしてからバイアグラを服用しなければいけない場合は、なるべく脂の多い食事は避けるようにして、食事の量も控えめにするように心掛けて下さい。そして食事から2時間ほど時間が経ったところでバイアグラを服用するようにして下さい。そうすると効果軽減が避けられるはずです。

バイアグラとアルコールを併用すると効果が薄れてしまうことがあるので、注意が必要です。お酒を飲む場合は、飲み過ぎに気をつけましょう。適度なアルコールは、リラックス効果があるのでバイアグラの効果をより高めてくれますが、飲み過ぎると逆効果になってしまいます。

バイアグラは水分によって胃の中で溶けるようになっていますので、水で飲むのが基本的な飲み方です。なるべく水で服用するようにして下さい。もし水がない場合には、他の飲み物でも問題はありませんが、牛乳などは薬の成分の吸収を妨げる場合があるので止めましょう。

そして、性行為を始める1時間ほど前にバイアグラを服用するのが、一番効果があるとされています。

実際に体験した方々の体験談を紹介

実際に体験した方々の体験談

バイアグラは勃起不全などの男性の深刻な悩みを解決してくれる強い効果を持つ薬です。しかし、はじめてバイアグラを試してみようとおもっている方にはまだまだ不安を感じている人もいるはず。ここでは実際に体験した方々の体験談を紹介します。

効果と副作用を先ず確かめたかったので、バイアグラの25mgを服用しました。なるべく短時間で効率的な効果をみたかったので空腹状態で、水と一緒に一錠を服用。30分くらいでちょっと景色が眩しく見えてくるが、それほど気になるほどでもない。40分経過ぐらいでペニスは完全に勃起状態になる。普段体験出来ない様な10代の頃のような勃起力に満足!

その後ゆるやかに軽減はしたものの勃起は約5時間ほど続いて、副作用もほとんどなく「用法と容量を正しく守って服用すれば安全」な薬だと実感しました。寝つきも悪くなくて、通常どおりに眠ることが出来た。

副作用が心配な人は25mgからの服用をオススメします。

バイアグラ服用後の時間帯別薬効


25mgのバイアグラを空腹状態で水と一緒に服用した。

バイアグラ服用後約30分後:
少し目に変化が出る。ものが少し白く見え始める。

服用後約40分後:
性的刺激を受けると、すぐにペニスが完全なる勃起状態になる。10代の頃のような勃起力。まだ、周りのものはまぶしく見えてみる。

服用後1時間後:
完全に薬が効いてきたらしく、痛いほどの勃起状態になる。副作用はさほどきにならなくなった。

服用後2時間後:
まだまだフル勃起状態。副作用は全く気にならなくなった。

服用後3時間:
まだまだ元気。

服用後4時間後:
そろそろ落ちて来た感じはあるが、まだ通常以上の勃起力だ。

バイアグラ服用後5時間後:
効果は失われたみたいで、さっきのような状態にはならない。やはり持続時間が4、5時間というのは本当みたいだ。

1錠服用で何回の効果があるのか?

1錠服用で何回の効果があるのか

バイアグラには性的な刺激があれば勃起を助ける働きがあります。そしていざ勃起した時、それを持続させたり、勃起力を高めたりしてくれるのです。つまり一晩のうちに性的な興奮状態が続けば、普段よりも勃起回数が増えることが期待出来るのです。そしてバイアグラの成分が作用している間は勃起しているたびに射精出来る可能性は極めて高くなるので、射精回数の増加にも繋がるに違いありません。バイアグラを正しく服用すれば回数が増える事は確実と言えるでしょう。

しかし、バイアグラ自体には精子を増やす成分はないので、2回目以降の射精の精液はどんどん薄くなっていきます。

バイアグラには射精後の不応期時間(性的刺激を受け付けられない時間)を短縮出来る効果もあると言われていて、バイアグラ100mgを服用すると射精後不応期時間が10.8分から2.6分になったというデータがあるそうです。

バイアグラ服用でいつもより長くセックスが可能か?早漏予防効果は?

バイアグラ服用でいつもより長くセックスが可能か?

バイアグラを服用すると、ペニスまでしっかりと血管が拡張して、血液が留まるので、早漏が改善されると期待されます。ですから、長くセックスを楽しむことが可能です。

だいたい勃起のメカニズムは、脳が性的な刺激を感じてペニスの中で血管を拡張する作用のある物質が増え、海綿体に血液が充満することで起こります。それが性的な刺激が無くなってしまうと、血管を拡張する作用のある物質を分解する酵素PDE5が分泌されます。そして海綿体の中の血流が元の状態に戻ることによって、元の状態に戻るのです。そして、バイアグラは、この酵素PDE5の作用を抑えることで、勃起した状態を持続させてくれる訳です。

バイアグラを使用すれば早漏で悩んでいる男性の方も、いつもより長い時間性行為を楽しむことが出来るはずです。早漏で悩んでいる男性には、試して貰いたいと思います。

バイアグラには併用出来ない薬がある。

併用禁忌薬

バイアグラには一緒に服用してはいけない薬がいくつかあります。普段飲んでいる薬がある方は、バイアグラの服用を始める前に必ずそのことを医師に報告して、確認するようにして下さい。手術歴のある方や、持病があって通院している方も、その事を医師に伝えて、きちんと確認してからバイアグラの服用を始めましょう。

狭心症の患者の方で薬を服用している方はバイアグラを服用すると血圧が上がる恐れがあり、大変危険ですので、絶対に服用しないで下さい。低血圧の方や、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などの既往歴が半年以内にある方々も絶対にバイアグラを服用しないで下さい。重度の肝機能障害のある患者の方もバイアグラを服用出来ません。


高血圧患者がバイアグラを服用しても大丈夫か



高血圧患者さんがバイアグラを服用する場合、注意が必要ですので、先ず医師との相談が必要ですが、たとえ高血圧でも、血圧が高すぎたり、(170/100以上)または低過ぎたり(90/50以下)しなければ、医師が問題なしと判断出来、バイアグラを服用することが出来ます。

高血圧気味の方の場合でも、通常は血圧が安定していて、狭心症の薬を服用していなければ、バイアグラを服用しても問題ないと言えるでしょう。

バイアグラには血圧を下げる働きがあります。降圧剤と一緒にバイアグラを服用することで一時的に低血圧に似た症状が出る場合があるので注意が必要です。

とにかく、高血圧患者さんは医師に相談してからバイアグラの服用を始めましょう。

バイアグラは頻繁に服用してもEDの症状に問題ないか?

日本で承認されているバイアグラは25mgと50mgの2種類で、医師が診断して、どちらを服用するかを決定することになっています。

そしてバイアグラの正しい飲み方は1日一回1錠です。つまり、最大でも1日に50mgの服用が正しい飲み方で、1日に50mgを超えた過剰投与は日本では承認されていません。

早くEDを改善したいからとバイアグラを多量に服用するのは、危険ですし、別の問題を起こす可能性がありますので、絶対に止めて下さい。