logo

ジェネリックは何種類があります

国内のバイアグラジェネリックの種類



国内のバイアグラジェネリックの種類
以前は国内で直接生産されたジェネリックは何種類もあります。ジェネリックの主成分であるシルディナフィルの物質特許と勃起不全治療の用途特許2つが、特許権存続期間満了になる必要があります。 国内のバイアグラメーカーであるファイザー株式会社の物質特許は2013年5月に、用途特許は2014年5月に満了になったので、現在の状況では国内にあるどんな製薬会社でもバイアグラを製造することができます。最近は特許権が両方とも満了になっているため、 どのような製薬会社でも必ず薬の安全性を証明してから手続きを経て、販売の承認を得た後に発売することができます。

[関連情報]

2014年5月には、国内で初めて東和薬品株式会社がOD錠(水なしで飲める薬)という形でレモン味とコーヒー味の2種類を発売しました。そして同年8月に、株式会社 陽進堂が発売、8月に武田薬品株式会社が発売、最終的には2014年までに10社の製薬会社がバイアグラジェネリックを発売しました。それぞれのジェネリックの特徴とイメージ、発売日などについては下記の比較表をご覧下さい。

国産バイアグラジェネリック一覧(表)
医薬品名 剤形 製造会社 販売価格
シルデナフィル OD錠 50mg VI「トーワ」 50mg
レモン風味/50mg
コーヒー風味
東和薬品株式会社 1,000円
シルデナフィル錠 VI「キッセイ」 25mg/50mg キッセイ薬品工業株式会社 650円/1,000円
シルデナフィル錠 50mg VI「YD」 50mg 株式会社陽進堂  
シルデナフィル錠 50mg VI「あすか」 50mg あすか製薬株式会社  
シルデナフィル錠 VI「テバ」 25mg/50mg テバ製薬株式会社
バイアグラ錠 25mg/50mg ファイザー株式会社 1,300円/1,500円


バイアグラジェネリックとは?



ジェネリックは後発医薬品で、特許期限が過ぎた薬の名前を変えて製造・販売するため、新薬よりもはるかに安く販売することができるので、研究者だけでなく消費者の負担を軽減してくれます。勃起不全なのにバイアグラの価格が高く使用するのを迷っている方がいましたら、ジェネリックについて調べてみることをおすすめします。なぜならジェネリックは低価格、高品質のバイアグラだからです。バイアグラジェネリックは、新薬のバイアグラの特許期間満了後に製造および販売されたED治療薬として、世界的に認められている薬です。

どんなジェネリックを選ぶと良いでしょうか?(国産)



ジェネリックは現在、多くの製薬会社が発売・販売をしていますがその中でも東和薬品、キッセイ薬品、富士化学工業、テバ製薬、陽進堂が市場の大半を占めており、他の製薬会社のジェネリックはあまり目にしません。なので上記の製薬会社の中からどこのものを買うか選ばなければいけないので選択基準をいくつかお教えしたいと思います。まず最初に、薬の効果で選択する。しかし効果は大体同じ実験データため、客観的な選択基準になりません。2番目は、見た目で選ぶ。バイアグラは青色のイメージが強いので、青というとキッセイ薬品、富士化学工業、陽進堂が挙げられると思います。色によって効果が違うわけではないので、これも基準としては曖昧だと言えます。3番目は、特徴から選ぶ。東和薬品のバイアグラジェネリックは、シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」という商品名で、他のジェネリックに比べて特徴的だと言えます。また、水なしで服用することができ、レモン風味とコーヒーの風味があります。さらに2つに簡単に割れるように真ん中に線が入っています。このような特徴は、選ぶための良い基準になるのではないでしょうか。4番目は、有名な製薬会社から選ぶ。本社がイスラエルにあるテバ薬品を除き、認知度と知名度まで考慮してみると東和薬品のシルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」のレモン風味・コーヒー風味と、キッセイ薬品のシルデナフィル錠25mgVI「キッセイ」・50mgVI「キッセイ」くらいでしょう。

インドのジェネリック薬品についての簡単な知識



バイアグラやレビトラ、シアリスのジェネリックが、なぜインドに特許が存在するのか疑問を抱いておられる方が多いと思います。 インドは2005年度まで物質特許が認められていませんでした。そして、2005年以降に特許権が認められましたが信じられないほどの多額の税金が特許に課され、さらに特許権侵害時に損害賠償請求などの訴訟を提起することができないという法律もあるので、特許があるようで無いようなものとなっています。このような状況の中でインドのジェネリック薬は製造されているのです。いずれにせよインドのジェネリック薬は、ジェネリックの先発医薬品としての価格は他国と比べ安いですが効果を確実に実感することができ、いまだに認知度があります。

人気のインド産バイアグラジェネリックの種類



第1位 : カベルタ



1箱4錠入り、2,500円以内で購入可能な製品。医薬品や成分であるシルデナフィルの種類についての知識がない場合は、インド産バイアグラ後発医薬品のジェネリックと聞くと不安になる方もいると思います。しかし、メーカーであるRanbaxy Laboratiries社(ランバクシー・ラボラトリーズ社)は、インドでこの分野におけるトップ企業です。カベルタの最も魅力的な部分は、価格です。ファイザー社のED治療薬と比較をするとファイザー社のものが12倍ほど価格が高く、ジェネリックがとても安いです。日本ではこの薬を偽物ではないかと避けられていますが、実は品質が非常に良い人気商品なんです。

第2位 : カマグラゴールド



カマグラは、通販で最も人気があります。純正板のようなシルデナフィルが配合されているジェネリックタイプの医薬品で、価格は1錠(100mg)あたり約1,000円~5,000円ですが、後発品のカマグラゴールドは、1錠あたり300円ほどしかしません。

ファイザー社の純正品を服用したことがあれば、この薬は副作用も同じくない価格も安いので満足できるでしょう。

バイアグラジェネリックの種類は日に日に増えていますが経済的な負担も考慮しない訳にはいかないので、薬を買うする際には自分の経済事情を考慮し購入し、服用することをおすすめします。